盗聴器デリート

盗聴器を発見したら

盗聴器を探してて、もしくは何らかの結果として
実際に盗聴器を発見したら、どうすればよいのでしょうか?
自分で取り外していいのか駄目なのかわかりませんよね?

そこでこのページでは、実際に盗聴器を発見した場合
どうすれば良いのかを紹介していきたいと思います。

発見した場合、とりあえず最初にやることは、
落ち着きましょう、ということです(笑)
セキュリティの確認で見つかったのなら
関係者各位や業者に対して注意しておくこと。

犯人を特定したくて、盗聴器をそのままにしたい場合

即、取り外すのも良いのですが、犯人を特定したい為に
あえて、そのまま泳がすという手もあります。

女性の方は、ストーカーの仕業かもしれないので、尚更犯人を特定したいと思います。
この場合は警察に届け出て、どうして行くか相談しましょう。

この時に注意して欲しいのが、その部屋から警察に連絡するのは止めておきましょう。
その会話も盗聴される可能性があるからです。
外から電話するか、公衆電話から連絡をいれるようにしましょう。
相手の指紋の判別も出てくるかもしれませんので、
直接手で触らないように気をつけましょう。

特に理由も無いので、盗聴器を取り外す場合

とりはずす場合でも、警察に一言は相談しておくと良いでしょう。
その後、取り外すのは良いと思いますが、
コンセント型等の簡単なものは自分で外しても大丈夫でしょう。
しかし、どのようなタイプでも、取り外す際は、感電に十分気をつけましょう。
ブレーカーを落とした状態で作業することをオススメします。

特にヒューズ方などの直接電源を取っているタイプの盗聴器や
配電盤等の専門的な知識が必要そうなものに設置されている場合は
危険なので、このような場合は、 業者にお願いしたほうが良いと思います。

個人で取り外して、質屋などもっていくと買い取ってくれるそうですが、
自己判断でお願いします(笑)

質屋に入れるということは、購入者も出てくるわけで、
新たな犯罪に使われる可能性を考えるとゴミで出す方が良いのかもしれません。

 Copyright (C) 2008 盗聴器デリート All Rights reserved.